11/13 シクロの家 SHIMANAMI GUESTHOUSE CYCLONOIE

こんばんは!

結局のところ今日は今治市に留まることにしました。
昼間、今治城を見た後に今治市立図書館へ行き、しまなみゲストハウスシクロの家にてブログ更新中です。



シクロの家はNPO法人シクロツーリズムしまなみが運営していて今治駅から徒歩30秒以内にある超駅近ゲストハウスです。 ホント目と鼻の先ですよ(笑)

シクロツーリズムしまなみとは自転車旅行の普及、提案を通して持続的な地域づくりを目指す団体らしく、シクロの家はサイクリストにとってオアシスのような宿泊施設となっているようです。
もちろん、普通の旅行者が使うにも全然OK。てか、割合的に3、4割の利用者がバスやJRを使って来てくれるって言ってました。



1枚目、玄関近くのテーブルでチェックインシートを記入したり、館内の説明を受けました。 
その際にミカンを煮込んだホットジュースを頂いたのですが(ウェルカムドリンク的な)すごく美味しかったです(^^) こういうのって嬉しいな~。 
残念ながら、たまたまミカンを貰ったから作ったとのことで、いつも提供できるわけではないようです。 こんなに美味しいのに。

実はこのシクロの家、すごい来たかったんですよね!
ヘルパーも募集してて、とりいくぐるorシクロの家どっちでヘルパーしようか迷うくらい。

sponsored link




コミュニティースペース(写真1枚目)には自転車関係の本やサイクリングマップが置いてあったり、自転車用品や自転車グッズも販売してありました。メンテナンスガレージもあります。




洗面所&お部屋↑

キッチン&情報スペース↓

情報スペースにも色んな自転車雑誌や観光本等が置いてありました。
全体的に清潔感があって水回りとか本当に綺麗でした~。あと内装なんですが、ベージュやブラウン系のウッド素材(アースカラー)が多く使われているので自然と落ち着いた気持ちになりますね。
スタッフも気さくな人だったし。本当に来て良かった(^-^) 

地元の人もよく来るみたいで夜に1人、地元民が来ました。
その人は今治市に本社がある日本食研本社工場で働いてる人で、そこの工場は十何年前に建てられたみたいなんだけど驚くべきはその外観。ヨーロッパの宮殿をモデルとして造られたらしく、画像を見た限りでは全く工場に見えないのよ!庭とかも業者が毎日手入れしてるんだって。

ということで、建物の中に入るのはお金と予約が必要なんだけど、敷地と、身分を証明するものがあれば庭に入ることができるらしいので明日は日本食研の工場を見に行ってから松山市に向かおうと思ってます。

松山市には以前出張で1回行ったことがあるのだ。

ではでは。おやすみなさい。
 
 
 
本日使用金額
ゲストハウス¥2700
食費¥808
 
 
 
Next…11/14 小倉へ
Prev…11/12 しまなみ海道